棒タイヤ自転車

棒タイヤ自転車

自転車は、適度の空気圧のタイヤを保っているとき、
もっとも乗り心地が良い。 

前輪は後輪よりもやや低めの空気圧にする。 
重心が後輪の方に近いからということと、

前輪の空気圧が高すぎると路面に凹凸があったとき
飛び跳ねて走行が不安定になりやすい理由による。  

ところで、昔、第二次世界戦争後まもない頃、
自転車の車輪に空気の入っていないタイヤが

使われていたことを知っている人があるだろうか? 
チューブがなく、丸棒(硬いゴム)を輪にした棒タイヤ

がリムに取り付けられたものである。 
空気が入っていないからクッションがなく、

走る時もゴトゴトと音がするし、乗り心地は
まったくなっていない。 

 いまでは想像もつかない代物であった。 
父親がこれに乗って毎日、5キロメートルほどの

当時の国鉄の最寄の駅まで往復していたのを
記憶している。 

 今日では、おしゃれな乗り心地の良い高級車が
安値で手に入る。

20インチ Wサス付き折りたたみ自転車

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • タイヤガーデン

    Excerpt: 高速道路でタイヤが外れました。 高速道路でタイヤが外れました。高速道路でタイヤが外れました。事故には繋がらなかったのですが、大変怖�... Weblog: お取り寄せ通販カタログ racked: 2009-03-24 15:46